妊娠中に肌のトラブルが酷くてニキビが沢山できてしまいました。

顔を洗うのも痛くて本当に毎日が憂鬱でした。

 

勿論お化粧なんか全く出来ないし、外出するのも嫌になってしまいました。

仕方なく皮膚科に行ってお薬と相談をして来ました。

 

もちろん妊娠中で肌が荒れる人は良くいるし病院にも来られる患者さんは少なくないと言っていました。

そしてお薬はもちろん出すけど後は生活習慣も改善する事が一番の治療だと言われました。

何よりも食生活でかなり変わると言われて私ははっとしました。

妊娠初期はつわりがひどかったから食事があまり取れませんでしたが、

つわりが落ち着いたら何だか無性に脂っこいこってりした物が食べたくなってしまって、

いけないって分かっていても我慢できなくてこってりした物を食べていました。

 

先生いわく脂っこい物ばっかり食べているとやはりニキビは出来やすくなるしあまり良くない。

でお全く油を取らなかったら今度は逆に肌がかさかさして乾燥肌になってしまう。

だから何でもバランスが大事だと言っていました。

 

睡眠もトイレが近くなってしまって夜中に起きる事が多くて何だがスッキリしなかったし、

色々な生活習慣の乱れが重なってニキビが出来てしまったんだと思いました。

実際に食生活の改善をした所、1ヶ月もしてら綺麗になおったしそれからも出来る事はありませんでした。

ただ、その時飲んでいたマカナ葉酸サプリというものが身体の調子をうまく整えてくれていたと思います。

出産した今でもこの事が教訓で食生活は心がけています。

一番上が思春期に入ってきてこれからニキビもできて来るだろうし、

食生活は私が気をつけてなるべく綺麗な肌でいてもらいたいなあと思っています。